中古車を高く売るためのコツ

HOME > 中古車買取 > 中古車を高く売るためのコツ

高く売るためのコツ

売るのも人であれば、買うのも人です。やはり売るためにはいくつかのコツがあります。

それを知っているだけで、数万円~数十万円も変わることも、、、売る前には、必ず実践してみましょう。

  • 洗車は外だけではなく中も綺麗にする。

    車種や年式、走行距離などがチェックの大きなポイントですが、当然、外装や内装の綺麗さというのも非常に重要なポイントです。
    洗車、ワックス掛け、窓ガラス拭きなどの外装はもちろん、シフト回りやマットを綺麗にしておくこともとても大切です。車内に貼ったシールやステッカーがある場合も綺麗にはがしておきましょう。

  • 車内の臭いを取る。

    車の中は密閉された空間で、タバコ、ペット、芳香剤等の臭いなど、ちょっとした臭いでも気になります。
    臭いがきつい車というのはどうしてもマイナス査定のポイントになってしまいます。
    消臭剤を使って少しでも臭いが取れるようにしてから査定をしましょう。

  • 大きな傷や凹みはそのまま

    確かに大きな傷や凹みはマイナス査定になってしまいます。
    かといってその修理を行ったりすると、逆にその費用を考えると高くなってしまうケースがほとんどです。
    買取業者は、大抵自社整備工場などを持っていて安価での修理が可能ですので、そちらに任せるほうが結果的には、お得になるというわけです。
    ただ、車両保険に加入している場合は、保険を使って修理をするとお得になるケースもあるので、一度、保険会社に相談をしてみるといいかもしれません。

  • 保証書・整備記録簿を用意する

    車両本体の保証書はもちろん、社外品に関しても保証書や取扱い説明書がある場合は用意しましょう。
    また、整備記録簿があればその車の整備状況が一目で分かりますので、安心につながり、プラス査定につながる可能性があります。

  • 車検はそのままでOK

    車検の残り迫っているのと、2年あるのとでは、残りが多いほうが高く売れることは確かですが、車検に掛かる費用を考えると、車検を通さずにそのまま売ってしまったほうがお得になるケースがほとんどです。

  • プラス要素の社外品とマイナス要素の社外品

    メーカーオプション(純正品)・ディーラーオプションに関しては、ほとんどの場合、プラス査定になります。ただ、自分で取り付けたカーナビ・アルミホイール・エアロパーツ・サスペンション・マフラー・ハンドルなどの社外品に関しては、プラス査定になるケースもあれば、マイナス査定になるケースもあります。
    マイナス査定になるケースとしては、車検に通らない、車に合っていない、車に傷をつけてしまっている、汚れなどがひどいといったことがあります。上記に当てはまる場合は、簡単に戻せるものがあれば戻したほうがマイナス査定にならないかもしれません。

メールでお問い合わせ
WEB訪問予約